こどもとりびあ

ド田舎で子育て中。暮らし、子育て・知育のことなど。

知育ヲタク的に気になる七田チャイルドアカデミー…家でもマネ出来ないか調べてみた。

こんにちは。
知育ヲタクのサヨです。

幼児教育界の気になる存在、七田チャイルドアカデミー。
最近ではスケート&子役の本田姉妹が通っていたようで話題ですよね。

私も出産前は「子供が出来たら七田に通わせたいなー」などと思っていたのですが、いざ嫁に来たのは超ド田舎で近くに七田なんてない。
けれど、気になる…。

と言うことで、七田チャイルドアカデミーでは実際にどのようなカリキュラムが組まれているのか、リサーチしてみる事にしました!

そもそも七田チャイルドアカデミーって?

右脳の高速計算力を引き出す!「七田式ドッツセット」0歳から

七田チャイルドアカデミーは、七田眞さんが始めた未就学児対象の塾。
七田眞さんは、元々個人塾を経営しており、その塾も評判を呼んでいたようです。その後、「右脳」の力を引き出すことを目的とした幼児教育を提唱した…らしい。

七田と言えば右脳教育。
以下、七田チャイルドアカデミーのホームページからの引用です。
「脳には右と左があり、右脳は感性脳・イメージ脳、左脳は言語能・論理脳といわれています。天才的な働きをする右脳と、それを言葉や文字で具体的に表現する左脳。両方の脳をバランスよく使えてこそ、驚くほどのすばらしい能力を発揮できるようになるのです。
右脳は、生まれてすぐは全開の状態ですが、成長するにつれて左脳が優位になっていきます。右脳が開いている時期に、脳科学に基づいた適切なトレーニングを行い、活性化してあげましょう。」
https://www.shichida.co.jp/about/action/

なるほど…。なんか凄そうなんですよね。

七田チャイルドアカデミーの未就学児クラスではどのようなカリキュラムが組まれているのか?

七田式では実際にどのようなカリキュラムが組まれているのか?
以下、七田チャイルドアカデミーのホームページからの抜粋です。

1歳児のコース

  • フラッシュカード
  • 指先トレーニング
  • プリント(指差し)
  • 知育遊び

2、3歳のコース

  • 瞑想、呼吸、想像(イメージトレーニング)
  • お話記憶法
  • 瞬間写真記憶
  • プリント

4、5歳のコース

  • 記憶遊び(視覚記憶、聴覚記憶)
  • 構成遊び(積み木)
  • 知恵遊び(図形、集合、順列など)
  • お話記憶法
  • プリント

6歳のコース

  • 大量記憶
  • 作文
  • 暗証

やはり他の幼児向け塾との違いは「フラッシュカード」と「記憶力のトレーニング」でしょうか。

「お話記憶法」と言うのは、例えば花・車・公園…と言う順番でカードが並んでいた時に「花を持って車に乗って公園へ行って…」などとお話を作りながら記憶する方法です。
口コミによると、年中さんでも30枚以上のカードの並びを暗記出来るようになるそう…。
凄いですよね。


七田チャイルドアカデミーの受講料は?

習い事をさせるときには、料金も気になりますよね。

七田チャイルドアカデミーの未就学児向けのコースの受講料は…

  • 入会金20,000円
  • 受講費12,000~14,000円
  • 維持費2,200円
  • 教材費 実費

こんな感じみたいです。
教室は一回50分で年43回らしい。

教材費の「実費」が気になります。

私の知り合いは子供の頃に実際に通っていたのですが「1月(全てあわせて)20,000円位はかかっていた気がする」と言っていました。

七田式と言えばフラッシュカード

七田チャイルドアカデミーと言えば有名なのがフラッシュカードですよね。
絵や漢字、ドットが書かれたカードを子供にに高速で見せるやつ。

七田チャイルドアカデミーのホームページによると、フラッシュカードは「右脳を刺激して、大量の記憶が出来るようになる」らしいです。

フラッシュカードくらい家でも出来そうですよね。
本屋さんに行けば公文の漢字カードなども売られていますし…。
私の持っている公文の漢字カードの使い方説明にも「フラッシュカードも効果的です」みたいなのが書いてあったので、効果はあるんだろうなぁ…。


私が持っているのはコレ↓

漢字カード 1集

漢字カード 1集

ただし、「高速で見せないと意味が無いので、素人の親が家でやっても、あまり効果はない」と言う口コミもありました。


ちなみに七田式のフラッシュカードもネットで購入出来るようです。
「かな絵ちゃん」と言うカードが1200枚で34,560円。
…高っ!

それにしてもAmazon商品紹介で七田のカード画像が引っ張れるとは思わなかった。Amazonって本当に何でも売ってるんですね(笑)

七田チャイルドアカデミーは塾なのに発表会がある

七田チャイルドアカデミーはお勉強の塾なのに発表会があります。
七田眞さんが「子供の発表力を育てる事が大切」と言う考えの持ち主だったらしい。

一体何を発表するのか?

ネットの口コミなどを見ると、主に覚えた文などを人前で発表するものらしいです。

例えば「平家物語」の一説や「歴史上の人物の名前」、「国の名前」など。

確かに七田に通っていた私の知り合いも子供の頃に「国旗を見て国の名前を言う発表会に出た気がする」と言っていました。

七田式…ぶっちゃけ効果あるの?

少なくとも七田に通っていた私の知り合いは、勉強が得意でした。
(全国模試で、ランキングに名前が載るレベル)

記憶力も凄くては「こんなに覚えられない」と言う一般的な悩みが理解出来なかったようです。
これが羨ましすぎて、「将来子供が産まれたら七田チャイルドアカデミーに通わせたい」と思ったんですよね。

七田式…家で取り入れるとすると?

家で七田式のカリキュラムを取り入れるとすると、やはりフラッシュカードと暗唱が現実的かな~と思います。 
お話記憶法も気になるのですが、教え方がよくわからない。

実は家には公文の漢字カードがあり、長女が赤ちゃんの頃にはフラッシュカードも試したことがあります。

しかし、やはりスピードが足りないのか「カードを夢中で見る」事はなかったような気がする…。
最近はフラッシュカードをやろうとしても見向きもしないので、たまにクイズ形式で遊ぶだけです。

暗唱はEテレの「ちょちょいのちょい暗記」をやらせたりするのですが、母親が相手では真剣さが足りず長女は「今日はぐちゃぐちゃじゅげむね!」などとふざげてばかりです。

やっぱり教室に通った方が効果的なんだろうなぁ。
でも物理的に無理だし…。
私のような田舎の教育ママは家でボチボチやるしかないよねー。
っていうお話でした。

おわり。