こどもとりびあ

ド田舎で子育て中。暮らし、子育て・知育のことなど。

2017年、買って良かったもの。「Kindle paperwhite」で理想の生活に少しだけ近づけた。

こんにちは。
知育ヲタクのサヨです。

2017年も残すところ、あと10日くらい。
今年は3歳と1歳の娘をかかえ、仕事も復帰し、まさに「てんやわんや」な一年でした。
なんかよくわからんうちに終わりそうです(笑)

そんな私が2017年「これは買って良かった!」と思ったものが一つだけあります。
(今年はあまり自分の物を買わなかったな~…)


2017年、買って良かったもの「Kindle paperwhite」

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

今年私が買って良かったもの。
それはAmazonのKindle端末です。

子育て中で時間がない私の夢の一つは「めまいがするほど本を読みまくる事。」

Kindleを導入してからも、根本的に時間がないので集中して読むことは難しいですが…スキマ時間で好きな本を読めるようになったので、読書量はだいぶ増やす事が出来ました。





Kindleの残念な所。

Kindleの良いところをを語りたいので、先に残念な所を。

さすがに紙の本よりは読みにくい。

私はアラサーの「紙の本に親しんだ世代」なので、さすがに紙の本よりは読みにくいです。
ちょっと前のページに戻って読んだりするのは紙の本の方が読みやすい。

なぜか横書きになったりする

これは謎の現象なのですが、普通の日本語の縦書きであるべき内容の本が横書きになって、縦書きに戻らない…。(一冊のみ)
ネットで検索したところ、たまにある現象のようです。再起動で縦書きに戻るという説もあるのですが、私のは戻りませんでした。
一冊だけなので、バグみたいなものなのかな?
もしわかったら報告します。


Kindleの素晴らしさ!

Kindleの良いところは沢山あるのですが、子育て中のママとして特に良いなと思うのは次の3つです。

暗いところでも読める。そしてスマホ画面より目に優しい。

私は夜、子供が寝てから薄暗い部屋で読みたいのですが、Kindle paperwhiteなら暗い部屋でも読めます。
Kindleは画面自体は光らないので、スマホより目が疲れない。全然違います。
明るさも調節できていい感じです。

それでも目にはあまり良くないのかもしれないけれど、子供が一人で寝ない、夜泣きする数年間だけなら大丈夫かなー…と思って読んでしまってます。
スマホよりマシなはず。

大量の本を同時に持ち運べる!

出先で少し時間があいたときに、読みかけの本のなかから好きな物を選んで読めるのは嬉しい。
私は「小説を読みたい気分」の時と「ハウツー本系が読みたい気分」など、読書嗜好にムラがあるので、好きなときに好きな本をさっと開けるのは嬉しい。

紙の本は何冊も同時に持ち歩くわけに行きませんからね…。
(独身の荷物が少ない頃は二冊位持ち歩いていましたが、今は無理~)


自分の部屋が無くても「自分だけの本棚」が持てる

人にあまり見られたくない本ってありますよね。

エッチな本とかじゃないですよ。

私の場合、自己啓発本を読みまくっているのとか、育児関係の子供の頭を良くする系の本とかを読んでいるのはあまり知られたくない。

本棚に「東大に行く子は五歳で決まる」とかデカデカと書かれた本があるのを子供に見られるのって「ちょっとどうなの?」とか思っちゃうので、そのような本をこっそり読めるのはいいなと思います。

ちなみに今のところウチの子供はKindleにあまり興味はないです。(スマホと違い白黒で字ばっかりだからかな…)



…スマホアプリのKindleでも良いと言えばそれまでなのですが、やはり目の疲れなさとスマホのバッテリーの事を考えると、買って良かったと思っています。

次、買い換えるとしたらマンガモデルが欲しい。
私のpaperwhiteでは、ページめくりが一瞬(ほんの一瞬)引っかかる感じがするので。

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック

Kindle Paperwhite 32GB、マンガモデル、Wi-Fi 、ブラック


以上、Kindleの超個人的な感想でした!
次回はKindleで読んだ育児本のレビューなどもしてみたいと思います。
年内に更新できるかな…