こどもとりびあ

ド田舎で子育て中。暮らし、子育て・知育のことなど。

【花育!】四歳さんと一歳ちゃん、初めての花育。

こんにちは。
サヨです。

レッツ花育。

f:id:awdrf:20180603064952j:plain
「お花」にハマっている四歳の長女と、花の種を植えてみる事にしました。

しかし、私は花を育てた経験がほぼ0。
(小学校のアサガオくらい?)

子供でも育てやすい花は何か調べようと「お花 子供」でググったところ、出会ったのが「花育」と言う言葉。

花育とは…
>> 花育(はないく)とは、「花を教材に生命や個性について、子供などに考えてもらう活動」を指し、「食育(しょくいく)」「木育(もくいく)」に続く、教育的な要素を盛り込んでいる。
(中略)
通常のフラワーアレンジメントや生け花と異なり、花育では各々の個性や感性を尊重する点が特徴。

また花も動物などと同じように生きていることを実感してもらうことで、命の大切さも訴えたり、他人の思いを察することにもつながる体験型教育の要素も盛り込んでいるのが特徴である。 <<
Wikipediaより引用 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E8%8A%B1%E8%82%B2


…なるほど。
とりあえず我が家は「育てやすそうなヒマワリ」と「四歳さんが選んだアスター」から花育を始めてみます。

今回はプランターと鉢に植えました。

アスターはプランターに、ヒマワリは鉢に植えました。
プランターや鉢はホームセンターで調達しました。
 

いざ植えるときはハプニング大発生。
予想通りと言えば予想通り。

四歳と一歳…。
楽しすぎてコントロール効きません。

種をまるでふりかけでかけるように、パッパとふりかけて…。
水をやるときには、ペットボトルのジョーロを土に突っ込んでいました…。

その後、一歳ちゃんはせっかく植えたところを掘り起こして泥遊び開始。
四歳さんは水道の水で水浴びを開始。

終始、私の悲鳴がやまない「初めての花育」となったのでした…。

お花がたくましく咲いてくれることを祈ります。