こどもとりびあ

ド田舎で子育て中。暮らし、子育て・知育のことなど。

「迷路なぞぺ~ 入門編」を4歳児とやってみた【知育&楽天購入品】

こんにちは。
サヨです。

先日の楽天マラソンで購入したものの一つが「迷路なぞぺ~」。
楽天買い回り時には、ポイントアップ狙いで楽天ブックスで本を買っている私。
(…楽天の罠にまんまとはまっております。)

今回は、長女が最近好きな迷路系ドリルを購入しようと思い、くもんや学研など大いに悩んだのですが。
結局「なぞぺ~」と言う名前がなんだか頭から離れなかったので「迷路なぞぺ~ 入門編」を購入しました。
一冊1000円ポッキリだったし…。
(楽天の罠にはまっている…)

なぞぺ~シリーズとは?

f:id:awdrf:20180625220147j:plain

「なぞぺ~」はなぞなぞペーパーの意味らしいです。
有名な「花まる学習会」の先生が作ったドリルです。

「迷路なぞぺ~」は、子供にとっては「遊び」である迷路に取り組む事によって「わかっちゃった体験」を沢山させる事が出来るらしい。

この「わかっちゃった体験」については「なぞぺ~」の前書きに書いてありますが、思わず「私も子供の頃にわかっちゃった体験沢山出来ていれば…!」とつぶやきそうになりました。

「迷路なぞぺ~ 入門編」の難易度は?

個人的には結構難しいと思います。
立体迷路、ビリビリ迷路など、ちょっと珍しい感じの迷路があります。

立体迷路の最後の方の問題は、大人でも一瞬は考えなければならないほどです。

悩ましいのは直接書かせるかどうか。

「迷路なぞぺ~ 入門編」は一冊1000円の本タイプです。
(ピリピリと一枚ずつ外せるタイプではない)

問題数は13問×5で、65問。
安くはないですよね。

しかもウチの娘の場合は、まだ問題を読んだだけでは意味がわからないものもあり、説明しながら、やってみせる事もあります。
(まだちょっと早いのかもしれませんが…) 

確実に2~3周楽しめそうな感じ。
しかも我が家には1歳の娘も控えている。

書き込んでしまったら一回で終わりで、もったいない気がするので、今のところコピーをとってやらせています。

家のコピー機の一枚あたりの単価はわかりませんが、仮に一枚10円だとしても650円なので、コピーして数周回した方がお得な気がする。

しかし手間がね…。

悩ましいですが、とりあえず今のところはコピー運用で行きたいと思っています。




なかなか楽しそうな「なぞぺ~シリーズ」
次の楽天マラソンの時には「はじめてのなぞぺ~」を買おうかなと思っています。


しかしこちらは950円かもしれない…。